★30代でも諦めるのはまだ早い!医学部再受験で合格を勝ち取る!!★

医学部受験は、2浪・3浪が当たり前といわれる超難関試験ですが、医師になれば安定して高い報酬がもらえるため社会人が再受験することも珍しくありません。ただし、医学部再受験生にとって懸念材料となるのが年齢問題です。確かに、医学部の中には年齢差別があります。しかし、幸運なことに全ての医学部であるわけではないのです。年齢に寛容な医学部を選び、しっかりと対策を行えば30代でも合格することは十分可能です。実際に、年齢差別の無い医学部には、30代の医学生が数多く在籍しています。30代の人は、社会人経験も豊富なので、ビジネスマナーやプレゼン能力など、医療現場でも活かせる要素が沢山あります。したがって、30代の医学部再受験生も一番の問題は、現役生と一緒で合格できる学力を身につけることです。これは、むしろ現役生よりもハードになるかもしれません。30代にもなれば、若い頃のような素早い暗記力や理解力が望めません。したがって、ライバルより多くの時間を割いて学習する必要があります。医学部合格が実現できなくて途中でドロップアウトしてしまう再受験生も多いので、相当の覚悟を持って受験に挑むようにしましょう。よく経済的理由から独学で目指す人がいますが、かえって時間と費用が掛かってしまうことがあります。医学部予備校に通って短期で合格できれば、医師になるまでにかかった費用をと返すことは容易です。丁寧に指導してもらえる学習環境下に身を置いて、朝から晩まで学習に集中できる予備校をまずは見つけることから始めることが合格への第一歩となります。

医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト

コメントを残す